DWWWスタッフによるコーナーです。とっておきの裏話も飛び出すかも!?

2006-08-31

カラダのこと

人間ドック初体験。

ここ最近、体調の異変があったので
「ガン宣告の確率90%以上!」と真剣に思い込んでました。
ちょっとでも異変が起こるとすぐに
「家庭の医学書」(愛読書)なぞを隅々まで読んでしまい、
思い当たる症状を見つけては重い気分になってしまう自分。
その度に、とっちらかった自分の部屋や職場の机周りを
整頓しておかないと周りに迷惑かけちゃうなぁ、、、と
思うわけです(思ってるだけ)。

どうやら殆どの人はそんな事考えもしないようなんですが、、、

「ガン恐怖症」というのがあるそうで、
三段階あるうちの第二段階が
「もしかしたらガンかも、と思って
人間ドックなどを受ける”脅迫性傷害”」なんだそう。
まさに自分。
最終段階は「自分は完全にガン、と思い込む”心気症”」。
検診などを受けて、問題ないと言われても
「医者が自分の病気を発見出来なかったんだ!」と思ってしまう状態らしい。

さて人間ドックの結果を先生から示され、
「素晴らしいですよ!!」と言われて何だか拍子抜け。ふ〜ん。
あ、いや、先生を疑ってるわけじゃないんだが。

帰路、「まだまだ元気で頑張れるんだ! 
時間を大切に有効に使ってアレもコレもやろう!」という
前向きな晴れ晴れとした気分に包まれました(毎回こんな調子)。

まぁ医者に言わせると、ガンに恐怖心を抱いてる人は
まだ良いのだそう。病院に来るから。
問題なのは、全く恐怖を感じない人と
恐怖が強すぎる人だそう。
受診が遅れて取り返しがつかない事になるから。

以前から、ホソノさんにも人間ドックをおすすめしてるんですが
なかなか首を縦に振って頂けません。
健康に自信がおありなのか、それとも、、、、。

08.31.2006 DWWW Staff - SA


posted by admin at 20:22 | dwww staff