DWWWスタッフによるコーナーです。とっておきの裏話も飛び出すかも!?

2006-08-09

ぼーっといっこう(一考)

私はハタチくらいまで、とてもボーッとした人間でした。
得意なことは?と聞かれたら、「ぼーっとすること」などと平気で言っているような。。

どのくらいぼーーっとしているかというと、
・バスが来た事に気づかない
・降りる駅はだいたい通りすぎる
・反対方向に行く
・赤信号で渡る・・・
もちろん授業もだいたいはぼーっとしていたので、困ったものです。
(口が半開きだった気も)
何を考えているかというと、「な〜んにも考えてない」!
かといって、瞑想のような状態ではなく、、なんでしょ?
かっこよく(?!)言うなら、”TRIP”している状態でしょうか。

しかし、大人になるにつれて、そうそうぼーーっとはしていられなくなりました。
仕事で口半開きにしていられませんから。
本当はいくらでもボーッとできるし、ポイントはあって、
・雨が地面にあたり続けるさま
・雲が流れる、木の葉が揺れる
・波打ち際
といった自然を眺めることから
ロウソクの炎やミシンの針の同じ動き、などをみることなど。
レストランで聞こえてくる、静かに重なる話し声も、い〜〜ですね〜。
何もなくてもぼーっとできます。

先日、テレビで「泣く」ことが脳内リセットになり
ストレス解消になると言っていました。
女の人が長生きな理由の一つは、「よく泣ける」からなのかな・・と思いました。

こじつけですが、ぼーっとするのと、
泣いた後の脳の感覚は似ている気がします。
ぼ〜っとすることは、脳内リセットと同じ状況だと。
東京のような都会に暮らし働いていると、月並みですが
忙しい波に流されて(ぼーっと歩いていたら人にぶつかりますし)
なかなかじっくりぼーっと(?)できません。

ここ最近、自分一人の脳内”TRIP”ができないので
本当の"TRIP"=南の島の海辺で空を眺めボーッとする!
なんてしたいところですが、お金も時間も必要なので・・

たまに、一人電車に乗り、降りる駅など決めずに
ひたすら「ぼ〜っと』景色を眺める、とか
どうでしょうか?
ただ、口半開きには注意してください。


8.9.2006 DWWW Staff_+A  



南の島の風や雲は”TRIP”できます


posted by admin at 00:00 | dwww staff